Score: 10/10

生々しいキラーの現場
Reviewed by Shono Mercy

このアルバムは伝説的なライブアルバムなのだと知ってから中古CDショップで探しに行った。
そして見つけてはじめにこのアルバムを聴いたときの感情はよく覚えている。
このアルバムから僕の心臓に向かってやってきたのだ。

破壊的なビート、リズム全てが僕の感情を壊しにやってきた。というか衝動的に壊しに来た。

破壊的な純ロックンロールであり、これが彼の音楽である。

少し冷静になろう。
まずこのアルバムはSpotifyなどのサブスクサービスでは全て聞くことができないのでレコードやらCDやらを強くおすすめする。

このリズムを作り出しているのはナッシュビルティーンズである。ドラムは後のアニマルズに加入。
ドラムのリズムとJerryのピアノのリズムは合っているのか合っていないのかあやふやな感情になるが、そんなの関係ないのかもしれない。
ドラムは関係なしにどんどん前へ進んでいる。
それが絶妙なこのアルバムのサウンドを生み出しているのかもしれない。

このアルバムは語るより聴くとわかる。
是非聞いてその衝動、事件の現場を感じてほしい




   
   



このアルバムを聴く


Spotify

コメント欄