Score: 10/10

ストーンズ×パンク?×フェーザー
Reviewed by take

ディスコ的なMiss Youに始まり、割とストレートなロック曲が続いていくアルバム。全体的にフェーザーが効果的に使われている。ギターにピックが当たるスタック音が強調されるような音づくりがされていて、ストーンズらしさ、ブルースらしさがしっかり残ったサウンドになっている。ストーンズはBrown Sugarのコーラスなど空間系の音づくりをしばしばするが、このアルバムの音づくりが一番素晴らしいのではないかと思う。Shatterdのサウンドは特に一度聞いたら忘れえぬサウンドになっていると思う。

このころのストーンズのアルバムはブルースソロの比重から、リフの繰り返しを聞かせる比重が増えていると思うが、ロンウッド加入の影響だろう。




   
   



このアルバムを聴く


Spotify Wiki

コメント欄