Score: -/10

自分でも好きなのかそうでも無いのかわからない一枚
Reviewed by JMX

ベタで恥ずかしいんだけどビートルズで洋楽にのめり込みはじめたから、なんかビートルズに関する事って判断基準が甘くなる傾向はあると思う。で、まぁ下手したら今日(2020年)1番評価が高いアルバムかも知れない本作。なんとなくのめり込めない所がある。それはこのアルバムがビートルズであってビートルズらしく無いからで、ビートルズらしく無いから評価されているのかと思うと中々複雑でもある。また個人的にも1番最後に聴いたアルバムだったりして、そのせいでイマイチのりきれてないのかなと。ビートルズに関して特に思い入れのないフラットな状況で聴いてみたかった一枚である。
ビートルズらしくない云々に関してはリンク先のブログに書いたけど、めちゃくちゃ長いのでよほどの暇人でないとオススメ出来ない。


ブログを読む

   
   



このアルバムを聴く



コメント欄